はり

ホーム  »  サービス内容  »  はり

はり

大きく分けて体に刺入するはりと、肌を刺激する刺入しないタイプの2種類があります。いずれも血行を促進し、痛みやこりを軽減することが期待できます。
ご利用者様の症状や体質に合わせて使い分けます。

症状の出ている部位のみにとらわれず、全身の状態を診て身体の繋がりを意識した施術を行なっています。腰痛の施術に手や脚、膝の痛みに腰のツボなど、患部から離れたツボを使うことが多々あります。施術中に「❓」と感じたら、遠慮せず聞いてくださいね!
また、体への負担を最小限にするため、使うはりの数は出来る限り少なくしています。


○毫鍼(ごうしん)
 鍼灸臨床において一般的に使用される、体内に刺入するタイプの使い捨てはりです。
写真下から長さ4cm、太さ0.14㎜(黄緑)、長さ4cm、太さ0.16㎜(赤)、長さ5cm、太さ0.18㎜(黄)、長さ6cm、太さ0.2㎜と髪の毛程度の太さとなっています。当院で多用するのはこの4種類です。
ご利用者様の状態、部位によって使い分けていきます。
 はりを刺した際の痛みは少しチクッとする程度で、時には全く無痛で刺入することが出来ます。
なお、はりは写真の通り一本ごとに真空パックされ、使い捨てとなっておりますので衛生的で安心です。


○ローラーはり
はりきゅうに恐怖心のある方や、内出血しやすいなど、通常のはりきゅう施術を行うにはリスクのある方に対して使用しています。
このローラーはりのメリットは、痛みを伴わないこと、衣服の上から施術できること、体内に刺入しないので内出血等が起こらないことが挙げられます。
マッサージよりやさしい刺激で、こちらを好むご利用者様も少なくありません。
毫鍼(ごうしん)
ローラーはり
ページの先頭へ